曜日と時間 狙い目はあるのか?

■ 無いようで、あるかも!!

*

給料入ったことだし!!ボーナス出たし!!今週あたり…なんて考える人は多いでしょう。 そんなお客の懐事情を踏まえてかどうか解りませんが、風俗店側も「夏祭りキャンペーン」「冬の感謝祭」企画が、7月・12月上旬の賞与時期にあります。
しかし思い立ってお店に電話すると
"お気に入りの女の子は希望時間に予約がとれない!!"
"予約満杯で●時間待ち…"

なんてことは多々あるようです。 給料日、ボーナスの後だったり週末や祝前日の夜など、皆さんが一斉に思い立つから、そうなるのも当然です。

では、風俗で狙い目の曜日や時間帯はあるのでしょうか?

給料日後の週末金曜土曜、祝前日の夜が混むことは、仕事をしている人なら安易に想像がつくでしょう。気分が大きくなりハメを外したくなることも重なりますし。
飲み屋やカラオケなど歓楽街にある他の飲食業もそこが勝負時です。そこにお客が入らなければお店は潰れると言われています。

ただし、風俗の場合「混む」と言うのは少しばかりニュアンスが違います。
風俗店の女の子のワークスケジュールを元に経営しているので、金曜土曜だけ、多くの女の子をスタンバイさせると言うことは難しいのです。
中には、専門学校や女子大生の平日の夜のアルバイト、主婦の平日の昼間の仕事として働いている子も少なくありません。 普段なら多くの子をスタンバイさせているのに、よりによって週末や連休前の夜にお客さんが集中する。お店側にとっても悩ましい状態です。 曜日と時間帯で考えれば、お客とお店は需要と供給が少しミスマッチかもしれません。

では、本当の狙い目の曜日と時間帯は?

ここだ!と言う結論めいたものはありませんが、お店の情報にヒントはあります。

  • 季節のキャンペーンのような大きなものでなく、平時に行っているような割引サービスをチェックしてみる。 「~時までにご利用のお客様は××円引き」「毎週●曜日はスペシャルデー!!」
  • 何人か女の子の出勤時間帯や曜日を見てみる。 学生やOLのWワーク(平日夕方から)、主婦(平日昼間だけ)などをチェック。 曜日で出勤人数を比較してみる。(月曜と土曜とか)

仮説ですが…

  • お店側が、「特にこの時間帯は、この曜日は」と打ち出すのは、そこはあまりお客が入らないことの裏返し。出勤している女の子からお気に入りを選んで指名できる確率が高い!
  • 月曜火曜と金土日を比べてみると、週末だから女の子が多いということは無い。むしろ月曜火曜などの週明けが多く、金曜土日の出勤が少ない。
  • 学生やWワークOL、主婦のアルバイトは、時間帯は限定されるが、お客が入らないと収入にならないので、お客さんに対し一所懸命。長期連休やお盆、年末年始はアルバイトはしにくい期間。

あくまでも仮説ですので真偽は解りませんが、ホームページのそういう部分を見ながらあれこれ想像してみるのも面白いです。
ちなみにこの仮説で言えば、狙い目は『月・火など平日の早い時間の割引タイムか、夕方から』

そんな時間から風俗?と言われるでしょうが、「無理だ、いけないよ、そんな気になれない」 と言う人が多ければ多いほど、逆にそこが狙い目だと思いませんか。

*他の記事も見てみる

*風俗初めてガイドに戻る