ZOKU報風俗業界のあらゆる事象をニュースでお届け!
ZOKU報

風俗嬢にこれをやったら嫌われる2 キス編

2016年08月23日 12:00
みなさんこんにちは。風俗作家の吉岡優一郎です。
ボクはこれまでにのべ300名を超える風俗嬢の女の子たちに取材してきましたが、取材で仲良くなった女の子たちから、電話などでお客さんにとのプレイに関する話を聞く機会も少なくありません。
今回は女の子たちの'キス'についての話をご紹介しましょう。
 
「こないだ口臭の強いお客さんに出逢ってしまったんですよ。
なんだろう...ニラなのかニンニクなのかわからないけど、キスしようとすると臭いを感じてしまってテンションが落ちてしまったんですよね。
何を食べてきたのか知らないけど、風俗に来る前に何を食べるかは考えて欲しいと思います。」
(広島デリヘル嬢・なぎさ)
 
ただでさえ密着した距離で男性に接客する風俗嬢たち。
客の口臭のためにサービスを低下させたり、時にはNG客に指定してしまうということもあるようです。
風俗に行く前は臭いが強くなる食べ物を控えた方がいいでしょう。
 
「私はディープキスって苦手なんです。
ふわっとしたフレンチキスならかまわないんだけど、私が苦手だと言ってるのに『俺のキスは上手いよ』とか言って執拗に舌入れて口の中をかき回してくるんだもん。
たまに指名して来てくれるけど、NG客にしようか迷ったこともありますよ。」
(大阪ホテヘル嬢・ゆみ)
 
風俗嬢にかぎらず、実はディープキスを苦手とする女性は少なくないようです。
'舌をからませた情熱的なキス'に欲情する諸兄も多いと思いますが、女の子からすれば苦手なプレイを延々と続けられることで気が滅入り、そのあとのプレイがおざなりになってしまうこともあるようです。
楽しく遊ぶためには、女の子にも楽しく仕事をしてもらうことが重要であると思います。
女の子がいやがる素振りを見せたらディープキスを止めて次のプレイに移る、あるいは'ディープキスが好きな(得意な)女の子'を調べて指名するという選択肢も、頭に入れて置いたほうがよいかもしれません。
 
「常連さんの1人で、キスすると口の中が粘っこくてヤなお客さんがいるんですよ。
もうベロをひっこめても絡めてきて、絶対イヤなんですよね。
なので最近は私のペースで一方的に攻めて、キスも唇を合わせるだけで、絶対にディープはしないようにしています。
あの粘りって絶対にどこか体調が悪いんじゃないかと思うんですよね。
普段から歯磨きをちゃんとして欲しいと思うし、最低でも朝歯磨きしてから家を出て、風俗に来て欲しいと思います。」
 
お客さんのオーラルケアを指摘する女の子は少なくありません。
口臭もそうですが、キスで移る感染症もあるため、女の子も神経を使っている部分でもあるのです。
プレイ時にうがい薬でしっかりとうがいをすることも大事ですが、風俗へ行く前にリキッドタイプのうがい薬を口に含んでおくなどすると、女の子がテンションを落とす要因の防止策になるかもしれません。
 
「でも、キスが上手いお客さんも中にはいるんですよ
唇の合わせ方というか吸い方というか、絶妙なんですよね。
もうキスだけで濡れちゃう。
逝っちゃいそうになる事もありますね(笑)
(浜松デリヘル嬢・はるか)
 
たかがキス、されどもキスです。
キスひとつで女の子に好かれることも、そして嫌われることもあります。
あなたもキステクニックを磨くことで、もしかしたら女の子に好かれて、より楽しいプレイ時間が過ごせるかもしれませんよ。
 
 

この記事の著者:吉岡優一郎

1964年2月23日生まれ ノンフィクション作家。PHPプログラマー。1996年より20年にわたり風俗業界に関わっている。
風俗情報ネットラジオ番組『フーゾクリンクラジオ』を2002年にスタート。
その縁でインターネットラジオ局『レディオ与一』『淫らなラジオ 淫らじ』を設立し、両局で局長を務める。
著書に『風俗嬢のホンネ』『もっと風俗嬢のホンネ』『風俗嬢たちのリアル』『ベテラン風俗ライターが明かすフーゾク業界のぶっちゃけ話』『ワケありな風俗嬢たち』(いずれも彩図社)がある。
ミリオン出版『俺の旅』、Webマガジン『FenixZine』などで連載記事を執筆中。
おもにインタビュアーとして活躍の傍ら、体験取材や旅行記、風俗店アドバイザーとしても実績がある。

 

 風俗嬢の隠された本音のオススメ記事一覧