ZOKU報風俗業界のあらゆる事象をニュースでお届け!
ZOKU報

『風俗取材の裏話』 取材時のドタキャン編~その2

2017年02月10日 14:22
みなさんこんにちは。風俗作家の吉岡優一郎です。
ボクはこれまで15年にわたり風俗関係者の皆様の取材を続けてきました。
このシリーズでは全国各地を旅しながら取材を続けてきたその裏話をお話したいと思います。


以前、このコーナーでボクはドタキャンにまつわる取材の裏話をお話させて頂きました。
岡山県井原市というド田舎を拠点に普段活動しているボクにとって、取材は資金的にも体力的にもとてもエネルギーを必要とする活動です。
現場に赴く前にいろんな準備作業もありますし、時には取材のために必要な機材等を買い揃える場合もあります。
それだけに、ドタキャンとなると大きなダメージや喪失感が残ることになるわけです。


2016年夏の新宿、とある有名な風俗嬢の取材後に『このあと新井薬師で飲み会があるのですけど、よかったらご一緒しませんか?』と誘われました。
しかしボクは「その後も取材予定があるので」とご遠慮し、次に取材の女の子との待ち合わせ場所・新宿駅東口へ向かいました。
待ち合わせ時刻は20時30分。こちらの服装と抱えていたカバンを写真に撮りLINEで送り、『慌てずゆっくり来てください』とメッセージを送ったのですが、その後全く返信がありません。
5分、10分、20分と時間が経過する毎にメッセージを送ってみたのですが、やはり反応がありません。
1時間が経過したところでギブアップ…ボクは『ホテルへ戻ります』とメッセージを送り、新宿駅東口を離れました。

『取材をうける気が失せたなら、一言断ってくれよ…!』思わずボクはそんな言葉をつぶやいていました。

しかし、彼女がこの日現れなかった理由は取材をうける気が無くなったからではなく、別の理由によるものでした。

「昨日はすみませんでした。睡眠薬が効きすぎて熟睡してしまい、目が覚めませんでした。ご迷惑かけてごめんなさい」

翌日、彼女から謝罪のメッセージがLINEで届きました。
実は睡眠薬のため起きられず、女の子が約束の時間に来なかったというのはこれまでにも何度もありました。

2007年の春のこと、当時まだあった新宿新歌舞伎座前のアイスクリーム屋で待ち合わせをした女の子の時もそうでした。
約束の午後2時半になっても姿を見せず、こちらからの電話にも応答がありません。40分が経過し諦めかけたところに彼女からの電話。

『すみません。寝ていて電話にも気づきませんでした。今から行ってもいいですか?』

彼女が実際に現場に現れたのは、約束の時間から1時間以上経過した後のことでした。


最後のドタキャン話は、岡山の某デリヘル事務所でのこと。
たまたま前日にも別店の取材が入っていたため、ボクは前夜から岡山市内のビジネスホテルに宿泊し、昼頃に取材先の事務所を訪問していました。
女性店長と打ち合わせの後、『さあ取材開始だ!!』となったところで女の子が現場に現れません。なんと…。

「この取材を受けることで、何本お客さんが来るか保証できるのですか?保証できないなら取材は受けません!」

取材予定の女の子が女性店長と揉めていたのです。
店名、源氏名を公開しての取材であれば、保証はできないにしても記事を見たお客さんがネット指名をしてくれる期待がとても高く、多くのスマートな女性達はその希望を信じて取材を受けてくれます。
しかし彼女の姿勢は頑なで、女性店長の度重なる説得でも取材に応じることはありませんでした。
彼女はあまり人気のある子ではなかったので、そのあたりのことを理解していなかったのかもしれませんし、あるいは彼女がすでにお店への不信感を持っていたのかもしれません。
3ヶ月後には彼女は店の在籍から消えていました。


ボクは今でも、取材の都度『今回は無事に女の子が来てくれますように』と、待ち合わせ場所で祈るように念じています。
度重なるドタキャンを経験しても、取材の旅は止めません。『きっとそこに素晴らしい出会いがある!!』そう信じて、ボクはこれからも日本中を駆け巡りたいと思っています。

この記事の著者:吉岡優一郎

1964年2月23日生まれ ノンフィクション作家。PHPプログラマー。1996年より20年にわたり風俗業界に関わっている。
風俗情報ネットラジオ番組『フーゾクリンクラジオ』を2002年にスタート。
その縁でインターネットラジオ局『レディオ与一』『淫らなラジオ 淫らじ』を設立し、両局で局長を務める。
著書に『風俗嬢のホンネ』『もっと風俗嬢のホンネ』『風俗嬢たちのリアル』『ベテラン風俗ライターが明かすフーゾク業界のぶっちゃけ話』『ワケありな風俗嬢たち』(いずれも彩図社)がある。
ミリオン出版『俺の旅』、Webマガジン『FenixZine』などで連載記事を執筆中。
おもにインタビュアーとして活躍の傍ら、体験取材や旅行記、風俗店アドバイザーとしても実績がある。
 

 風俗取材の裏話のオススメ記事一覧