会員プロフィール

あべちゃん
体験談投稿数 1
コメントの数 0
イイネ!の数 7
メンバーズランキング 401
名前 あべちゃん (♂)
住まい 東京都目黒区
趣味 筋トレとチントレ(・∀・)
読書とドクドクっしょ(;・∀・)
子作りとお菓子作り('◇')ゞ
自己PR
ふざけた感じですが、根は真面目です。
風俗というお仕事があるお陰で、僕は凄く助かっております。
男性を癒してくれる確固たる職業の1つとして、女性のみなさまには尊敬の念を持って、優しく接することを誓います(^^ゞ
あべちゃんさんの体験談一覧を表示しています。
2016年03月04日 17:20

とある日の夜。帰宅してメールチェックをしているとよるともネット事務局さんからお便りが…。「もしや!」と思って読み進めると「GINGIRA☆TOKYO ギンギラコース60分無料券」当選のお知らせ! 正月休みに「もう誰もお年玉くれねぇよなぁ」と思いながらも、半勃ち状態でパソコンに張り付き、よるともネットさんのお年玉企画に応募していたのを思い出しました。神様、仏様、よるともネット様でございます。

よるともネット事務局の方と、無料招待券の使い方や予約の流れなどを何度かメールでやり取りさせていただきましたが、大変丁寧で分かりやすいご対応でした。

「GINGIRA☆TOKYO ギンギラコース60分無料券」の内容の一部として、女性はお店のおススメとなり、指名は出来ない、と書いてあるのですが、男の悲しいサガなのか、GINGIRA☆TOKYOのHPを何回もチェックして、もし指名できるとしたらどの子が良いか?とか、お店と交渉しても指名できなかった場合、せめてお気に入りの子が出勤している日に設定して、あとはお店の人と運に身を委ねよう…とか考えてしまい、お店に電話するまでの間、エロな妄想に随分と時間を費やしておりました。

GINGIRA☆TOKYOはHPを見るだけでも楽しめます。一般的な風俗店と比較すると、やや金額は高めですが、選りすぐられたエロ丸出しのボディコン系おねぇちゃん達が在籍しているようで、紹介動画などを見ているだけでガマン汁漏れ漏れになっちゃいます。S寄りの女性が多いようですので、M的プレイのしたい方は、いつもより少しだけ金額を上乗せしてご利用いただいても間違いないのではないかと思います。


依頼予定日の3日ほど前に、お店に最初の予約電話をしました。よるともネットさんからの連絡も上手く伝わっていたようで、スムーズに話が通じました。がしかし、残念ながら追加料金を支払っても女の子の指名と時間の延長は、今回は無しということでした。決まりなので仕方ありません。90分コース以上になると、ヌルヌルローション風呂が無料オプションでついてくるというので、ローション好きな私としては試してみたかったのですが残念でした。

で当日、お昼頃に確認の電話をすると、前日とは違う男性が対応してくれました。私は自宅へのデリバリーをお願いしました。で、一応女性のタイプを伝えておこうとすると、お店の方が先に「どのような女性がタイプですか?」と聞いてくださいました。私が「胸が大きくて、ムチッとしていて、可愛らしい子。どちらかというとM寄りの子」と言うと、「かしこまりました。可能な限りご希望の女の子をつけますが、他で予約が入ってしまった場合はそちらを優先させていただきますのでご了承ください」と、親切かつ誠実なご返答をいただき、大変好印象でした。


そして予約時間の数10分前。ドライバーさんから最終確認の電話が。電話を切ってからは部屋中の掃除をチェックしまくってそわそわし、いよいよお出迎えです。まずはドライバーさんがお目見えして無料券と交通費を徴収。そして脇から女の子の登場です。おっ、普通に可愛いし、胸もある。芸能人でいうと吉川ひなの似かな(でも喋り方は普通でしたよー)。名前はNさん(NANAさん)。

はじめまして、よろしくお願いします、とお互いご挨拶から。私は性格上、初対面の人の前ではかしこまってしまうのですが、Nさんは本当に彼女が初めて彼氏の家にあがってきたような自然体で、気さくに話はじめてくれました。

とめどない会話と動きで早々に下着姿になり、布団の上にぺたんと座り込むNさん。私もその横に座り少し話していました。するとNさん、私がトレーニングで使用している10㎏のダンベルを見つけるとおもむろに手に取って、よいこらしょっと持ち上げるではありませんか。「昔はトレーニングしてたんだけどねぇ」と。聞くとバイオハザードのミラジョボビッチが好きらしく、地球がゾンビに襲われても救えるように鍛えておかないとね、と言っておりました。正義感溢れる天然ちゃんです。

「60分ってすぐに終わっちゃうからシャワーしましょうか」と言われ、シャワーへ。私が裸になると「お兄さんもなかなか鍛えていますねぇー」と胸を鷲掴みにして、乳首をもてあそんできました。本当に会話上手な自然体で、口下手な私には大助かりでした。

丁寧に洗体してもらっていよいよお布団へ。
「仰向けで待っててくださいねー」とNさん。
両手を頭の後ろで組んで待っていると、Nさんは「どうやって攻めようかなぁ」と、私の腹部に跨ってきました。乳首を舌と指先でつんつんしながら、「いつもはどうやって攻められてるの?」と上目遣いで私を見つめ「いつもと同じゃ面白くないでしょー」と、舌で乳首を攻めながら、手でおちんちんをまさぐってきました。

しごき方は勿論上手なのですが、個人的には、溜まっている精子の量を確認するかのようなきゃん玉袋の弄び方が快感でした。

Nさんは愛撫する箇所を徐々に下半身へ移動させフェラの体勢へ。フェラは上体を上下させノーハンドで。空いている両手では乳首攻めです。痴女っぽいと言うよりも、献身的に気持ち良くしてくれようとしているようでプロ意識を感じました。

一端攻め受けを交代し、私が攻めに。「どこ攻められるのが好きですか?」と聞くと「秘密―、探して~」と言われたので、キスからはじまり、耳、首筋、デコルテ、脇、胸、腹、恥骨部、内腿、陰部と、上から下へ、Nさんの反応を見ながら舐めていきました。

Gを刺激しつつクリを舐めていると、「それずるいー」と言って「私も攻めるから」と69へ。オマンコ丸見えで、いやらしい体液が溢れ出ていて興奮度アップ。

「ねー、そろそろ時間無くなるよー」と言われたので騎乗位スマタを懇願。ローションを塗ってクリを擦り付けるように腰を振りながら、空いた手を後ろに回してきゃん玉袋をマッサージ。気持ち良くて、この時間が永遠に続けばいいのに―と思うのですが、制限時間いっぱい。

最後は自分で腰を振ってイキたいので、正常位に変わり、Nさんの気持ち良い両手に包まれて激しく腰を振りフィニッシュです。

「いっぱい出たね。何日溜めてたの?」と言われたのですが「1日1回は1人エッチでぬいてます」と答えると「えー、すごーい。だいたいみんなお兄さんぐらいの年齢から衰えてくるんだよー。40過ぎると特に」と言われました。その辺どうなんでしょう? 個人的な年上の知り合いは60でも元気なので、自分も70ぐらいまでは普通に大丈夫だろうと思っていたのですが。

最後シャワーをしてドライバーが来るまでの少しの間、Nさんが「腰が悪い」と言うので、自分でケアする方法をお教えしておりました。それに使うちょっとした道具もプレゼントしたのですが、ちゃんと自分で続けているか気になります。

今度実費で呼んで、ちゃんと継続しているが確認しよーかなーと思える、大満足の内容でした。Nさん、GINGIRA☆TOKYOさん、よるともネットさん、ありがとうございました。