風俗官能小説風俗にまつわるエロい連載小説が読めるのは「よるとも」だけ!

官能小説
ある時は「イメクラ」、またある時は「M性感」と様々な風俗のジャンルを、それを利用する男性目線、時にはそこで働く女性目線で描いた新感覚小説…それが【風俗官能小説】。もちろん「濡れ場」アリ!官能要素も充分に盛り込みましたので、あなたの性欲を充分に掻き立てること間違いなし。お好みのシチュエーションにあなた自身を投影し、風俗へのモチベーションを高めちゃって下さい!
カテゴリの絞り込み:

連載中の風俗官能小説一覧

同じマンションの奥さんにムラムラしてデリヘルで性欲を発散

同じマンションの奥さんにムラムラしてデリヘルで性欲を発散

カテゴリ人妻・熟女

作者:北枕ネル

俺は既婚だが、性的な意味で気になって仕方がない女性がいる。ゴミ置き場でよく顔を合わせるマンションの同じ棟に住む奥さんだ。30代前半ぐらいで、ショートカットの色白、全体的にはほっそりしているのに、お尻だけ大きい。スリムジーンズをよく履いていてそのお尻がまたやけにいやらしく見える。うっかり欲望を声に出してしまう前に、仕事が少し落ち着いたら風俗にでも行こう。リビングで「よるとも」を見ていてた俺は、信じられないものを見て指を止めた。「え……っ?」あの奥さんの写真があった。本物か、他人の空似か…。予約をしていたプレイ当日、ホテルで女性を待っていた俺は、入ってきた彼女を見て息を飲んだ。

公開中のエピソード 2018月05月14日更新!

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
勃ちが悪くなった会社役員が回春エステで初ドライオーガズム

勃ちが悪くなった会社役員が回春エステで初ドライオーガズム

カテゴリエステ・マッサージ

作者:北枕ネル

いつまでも若いつもりでいたが、先日49歳になった。最近とくに気になっていたのが「下半身の元気のなさ」。40代前半の頃は数ヶ月に一度は風俗に行っていたのに、最近はその気自体が起きない。これまで体験したことのないような新しい業種に行ってみようか。ふとそう思った。目に留まったのは「前立腺マッサージ」「睾丸マッサージ」とキャッチコピーがあった回春エステ店。予約したはお店のおすすめの売れっ子、花織嬢。初めての前立腺マッサージで、悲鳴に近い声を上げるほど絶頂のドライオーガズムを体験。イってからも快感がじわじわと長く続く…頭が白く染まっていく中、次はいつ予約がとれるか考えていた。

公開中のエピソード 2018月05月01日更新!

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
年下の子に甘えたい願望がある男性の「初バブみ体験」

年下の子に甘えたい願望がある男性の「初バブみ体験」

カテゴリデリヘル・派遣型

作者:北枕ネル

男性ばかりの職場で枯れそう…。まだ二十代後半だというのに、あまりの潤いのなさに久しぶりに俺は風俗に行くことを決心した!年下の子に甘えたい願望がある俺は1時間ほどかけ気になった女の子を予約した。当日やってきた夢実ちゃんはEカップの美乳に程よいモチモチ感のある女性だった。壇○にもいていたがもう少し砕けた印象があり親しみやすかった。「私のおっぱいで、いっぱい癒されてくださいね」夢実ちゃんの丁寧な指使いから優しさを感じる…若いのにこの母性、この包容力は何だろう?ひょっとしてこれがバブみってやつなのか?

公開中のエピソード 2018月04月17日更新!

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
甘えたのロリ系少女がメイド専門店でご奉仕プレイ

甘えたのロリ系少女がメイド専門店でご奉仕プレイ

カテゴリファッションヘルス

作者:北枕ネル

昔から「お兄ちゃん」がほしかった。「甘えたい」「かわいがられたい」という気持ちの表れなのか、好きになる相手は年上でメイクも服も昔からロリ系が好きだった。そんなあたしが風俗で働いてみようと思ったとき、メイド系のお店選んだのは必然だったかもしれない。今日のご主人様は、理想のお兄ちゃんのような通称クマさん。エッチなボディチェックの後、恋人みたいに添い寝して甘えるようにご奉仕していく…。ご奉仕中は、頭を撫でてもらえるのがたまらなくうれしい。またクマさんのためにがんばろう、心からそう思えた。

公開中のエピソード 2018月04月02日更新!

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
完全おまかせのヌルヌルなマットプレイで癒しを得る

完全おまかせのヌルヌルなマットプレイで癒しを得る

カテゴリファッションヘルス

作者:北枕ネル

先日、私は念願の係長昇進を果たした。給料はアップした分、仕事の内容もハードになりストレス解消として思いついたのが風俗。「ヌルヌルした感触でひたすら癒されたい」とマットプレイ専門店に予約入れた。相手の女の子は中肉中背でEカップの「もなこ」ちゃん。トロトロなローションならではの密着感を味わった後、いやらしくねっとりとした舌使いの全身リップへ…。最後の騎乗位素股では、あまりの快感で私の声はほとんど悲鳴になっていた。

公開中のエピソード 2018月03月19日更新!

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
1    2    3    4    5    6    7    8    次へ >

作者紹介

北枕ネル

アダルト、旅、食関連で記事執筆するライター。 アプリゲームなどのゲームシナリオも手がける。

作品に関するご注意

  • この小説はすべてフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。
  • この小説の著作権は「よるとも関東版」にあり、無断転載(部分引用含む)は禁止です。
  • 無断転載を行った場合、著作権法の違反となります。
ページトップ