京橋・桜ノ宮:ホテヘル(人妻)奥さま日記

口コミ体験談

お淑やかな中に隠れていた淫乱の彼女

現在のランク

 さん

満足度:満足度

何故私が彼女を指名したかというと、写メ日記を読んだからです。
写真は掲載していませんが、一生懸命文章を書いているのがわかったから。
もちろん、私のタイプである超小柄なボディも選んだ一因です。
部屋に入ると丁寧な挨拶をする彼女。
その様子をジッと見ていた私。
すると下を向いてしまった彼女。
髪を撫でながら「どうしたん?」「無言が続いたから何か悪いことしたのかなぁと思って…」
そこでベッドに彼女を誘導し、指名した経緯を話しました。
「写メ日記を読んでくれたなんて、すごく嬉しい!」
さりげなくワンピースの裾から指を忍ばせると、心を開いてくれたのか、ゆっくりと股を広げる彼女。
「もう濡れてるんやろ」と言いながらDKを交し、パンティ越しの花弁に触れると、シットリ濡れていました。
そのまま私は彼女の服を脱がし、私はアシスト付きで脱衣。
お風呂の彼女は身体を駆使して、密着洗体。美乳の上に少し大き目な乳輪の乳首がありそれを転がすと、痛いんじゃないかと思うくらい超勃起。
身体は超敏感体質らしいですね。
そして泡の付いた指でお尻の割れ目に指を這わすと、クネクネ腰を動かし始めました。
「お淑やかな顔をしてるのにメチャクチャスケベやな…」「〇〇さんが優しいから…」
そういうと私の身体に思い切り抱擁してきました。
本当に可愛らしい。
お風呂から上がりベッドルームへ。
彼女を優しく抱き寄せると、本当に華奢な身体をしています。
DKをしながら敏感な乳首を愛撫、そして花弁に指を這わします。
くすぐるように愛撫をしていると、次第に股間が開き始め、膣肉をなぞるように愛撫すると身体から想像もできないほどの大きなため息が漏れました。
さらに私は花弁を舌先でなぞると、ピクピク腰が小刻みに震え出してきました。
その瞬間、彼女は目を潤ませながら私を見つめ、肉棒を手コキし始めました。
もちろん、その流れでフェ〇も…。
物腰の柔らかい彼女が、一生懸命感じさせたいと私の肉棒に唇がまとわりついてきます。
私は彼女の優しい愛撫に我慢ができなくなり、そのままうつ伏せにして小さなお尻の割れ目に顔を埋めました。
彼女のお尻は「早く」と言ってるかのように、ガクガク揺れ動いていました。
私はお尻の動きに肉棒を同調させながら、何度も何度もお尻の双璧に快感を擦りつけました。
そして身体が身震いした瞬間、割れ目の中に大量の精子を放出。
彼女の身体は身動きすることなく、グタッと倒れ込んだままでした。

イイネ!(1)   (数字をクリックすると、イイネした人の一覧が表示されます)

◆ 1 人がイイネ!と言っています

コメント(0)

奥さま日記のおすすめ情報

店舗情報

  • 住所

    大阪府大阪市都島区東野田町4-9-3 JB1番館5F

  • アクセス

    JR・京阪・地下鉄 各「京橋駅」から徒歩3分

  • 電話番号

    06-6135-0930

  • 営業時間

    ■ホテヘル 10:00~24:00 ■デリヘル 10:00~25:00

  • 最低コース料金

    60分 13,000円~
    (ホテルヘルス料金)

  • オフィシャルサイト

  • 届出店名

    奥さま日記

ページトップ